おいしいもの巡り

沖縄は長寿県として知る人ぞ知る南国の島ですが、健康の源はおいしい食事とのんびりゆったりした生活にありそうです。ゴーヤーチャンプルやシークワーサー、サトウキビ、ちんすこうなどは沖縄の特産品として知らない人はいませんが、まだまだ美味しいものはたくさんあります。沖縄に行ったら味わって欲しい一品にソーキそばや泡盛、ヤギ肉料理、アーサ汁、ミミンガ、ラフテ、オリオンビール、さらに魚介類があります。

最近健康食として少しずつ名前が知られるようになりましたが、海ぶどうやグルクン、イラブチャーなども、沖縄でしか味わうことができません。耳慣れない食材も若干混じっていますが、さすがに南国だけあって色鮮やかな食材がテーブルを賑やかにしてくれます。サトウキビは黒砂糖の原料ですが、健康食品や美容化粧品などではお馴染みです。黒砂糖の詰め合わせが手軽な価格で店頭に並んでいるのを見かけます。これらの食材をまとめて味わうなら、やはり那覇の名店街が一番なのですが、少し地方にまで足を運んでみると、田舎料理を出してくれる穴場の食堂と出会えます。

ただしガイドブックに掲載されていない事もありますから、沖縄旅行雑誌などを探してみてください。沖縄料理のほとんどは家庭料理から知られるようになったものです。その地域に古くかた伝えられてきた味というものもあります。そうした隠れ家的名店を探す旅も楽しいものです。

また、沖縄の特産品を扱っている通販サイトを利用すれば、旅行から戻っても沖縄のおいしいものを楽しむことができます。沖縄の良さにはまった方はお取り寄せでも沖縄を満喫してみましょう。

歴史探訪

何度もテレビドラマで舞台となった事から世界に知られるようになった首里城は、500年以上の歴史を誇る世界遺産です。美しい朱色の壁や独特のたたずまい、どっしりとした風格はさすが琉球王国の礎となっただけあると思わされます。

現存する首里城は大河ドラマロケのために修理されたもので、建築年数だけ見ればさほど古くはありませんが、かつて王朝時代が続いていた時代に繁栄を極めていた頃を忍ばせます。第二次世界大戦のさなか、米軍の爆撃を受けて焼失したままにされていましたが、再建されてまもなく世界遺産に登録されました。沖縄諸島のあちこちに数奇な歴史に翻弄された沖縄の人たちの悲喜こもごもが刻まれています。ぜひヒメユリの塔は訪れたいものです。古民家がそのまま残されている一角もありますから、観光バスで巡るツアーもオススメです。

長い間那覇市が城下町として栄えていた関係で、歴史的建造物の多くがここに集約されているのです。テーマパークもありますから訪ねてみてください。お城は首里城以外にも斎場御嶽や座喜味城跡があります。本土とは別個に独自文化を発展させてきた沖縄・那覇に集中している施設のほとんどが、世界遺産登録を果たしています。南部戦跡国定公園内には、慰霊祭および戦勝跡があります。平和祈念資料館もぜひ訪ねてください。

美ら海を堪能する

沖縄のキーワードはやはり”美ら海“です。テレビで何度も紹介されていますからお分かりでしょうが、白く輝く砂浜に真っ青な海はまさにリゾートビーチそのものです。実際海水浴やダイビング、サーフィンで訪れる人も多いのです。3月には海開きするので寒い冬に暖まりたい人には最適です。

美ら海を最も身近に感じたいならダイビングやシュノーケルツアーがオススメです。珊瑚礁を始め様々な熱帯魚と出会えます。クラブも多種多様あって、インストラクターが必ず一緒ですから安心です。泳ぎが苦手でも、初心者向けサービスも充実していますから心配はありません。運が良ければウミガメやザトウクジラと出会えます。カヌー体験や沖縄の大自然を肌で感じるトレッキングなどは、家族旅行にもぴったりです。鍾乳洞が諸島のあちこちに散在している事でも知られています。

それらを探検するアドベンチャーツアーも人気です。宮古島のパウダー砂浜の美しさや気持ちよさは特に大人気で美らビーチとして知られています。目と体で癒やされてください。釣りやボートなど海遊びが定番になっているものも多く、多種多様な体験が楽しめます。クルーザーをチャーターして船の上でのパーティーを楽しむ事もできます。楽しみ方はそれぞれですから、お好みに合わせて選択してください。

楽しみ方いろいろ沖縄

美ら海という言葉がぴったりくる沖縄は世界的にも大人気の観光スポットです。飛行機から見下ろすと真っ青な海の真ん中で珊瑚礁のエメラルドグリーン・リングに囲まれた沖縄諸島が印象的です。沖縄を訪れる人の目的はそれぞれですが、あなたが沖縄を訪れる目的はなんですか。実は3月が沖縄の海開きで5月には普通に泳げるのです。そのようなわけでマリンスポーツのメッカとしても知られていますから、サーフィンで訪れるサーファーも多いです。

真っ白い砂浜に南洋植物が咲き誇る様はみているだけでも癒やされます。パイナップルやマンゴーといったおいしいフルーツや食べ物も豊富ですから、グルメ好きな人にも沖縄は底なしに魅力的に見えるはずです。歴史をひもとけば、戦争の傷跡が随所に見られますから、当時を生き抜いた人の思いや現実と向き合う旅になることでしょう。異国情緒を思わせる独特の建築様式は興味深いです。ぜひ首里城は訪れてください。琉球ガラスや貝殻細工などおしゃれで可愛い手工芸品も豊富です。沖縄風マッサージで心と一緒に体も癒やされてください。

旅費が心配な方はパッケージした格安航空ツアーがオススメです。多種多様な体験が出来るテーマパークなら家族や友人同士で楽しむにはもってこいです。リゾートホテルも豊富ですから、お好きなところを選択してください。とにかく年中無休で楽しめるのが沖縄ですから、台風の時は除いていつでも楽しめるのが沖縄旅行の魅力なのです。オススメは極寒の季節に訪れる事です。最も手軽に最高の沖縄を堪能できるはずです。今回は沖縄に行く人の目的を紹介します。